人生初カラーがネタ的?初ブリーチ!!

夏になると多くなっていた?ブリーチの需要

ボレロビオではそれほどまでブリーチカラーの需要は多くありませんが
一定数必ず需要があります

比率で言うと10%ほどでしょうか

まずはBIFOR

大学生のショートヘアスタイル

夏の合宿でチームカラーの「イエローにして欲しい」とのこと

もう似合う、とか
カッコいい、とか度外視で笑

と言うことでブリーチを開始します

ブリーチは基本的には地肌につけません。

ゼロテクニックというやつです。大好物です。
それでいてしっかり塗布します。
言葉にすると簡単なのですがこれには熟練の技が必要です
地肌ギリッギリのゼロテクニック。それでいて塗布量が少しでもズレると明るさの仕上がりが全く違うものになってしまいます。
普段は二人でカラーを塗布しますがブリーチだけは一人で塗布します。(高橋的こだわり)

ブリーチ剤は粉末を溶いているので乾燥が大敵です、乾燥させる隙を与えません

スピードと繊細さが必要です(大好きです)

十分に時間を置いた後はシャンプー台で流します。

ブリーチカラー施術の後にはアルカリ除去、臭いの元を無くしたり、髪の毛の膨潤を穏やかに戻してあげたり、デットクス系施術が非常に重要です(企業秘密です)

従来のブリーチのダメージ90パーセントカットと言われています

仕上がりドーン

笑っちゃうくらい怒金髪です笑

繰り返しお伝えしますがこのままで終了する事はほとんどありません。

何かしら「色」を重ねて日本人の黒い髪に一回では発色できないような鮮やかさ、濃さ、薄さ、などのカラーを表現することができるのがブリーチの強みです

本人はめちゃくちゃびっくりしていました

そらそうだろ…笑

基本的には出来ない色、はありません。

人生に一回は金髪もいいかも?!

関連記事

  1. 【ヘアドネーション】にご協力いただきました

  2. カラーリングで使用する刷毛(はけ)は1年に1度新品に取り替え…

  3. 釧路美少女図鑑のモデルさんのヘアを担当した話

  4. はじめてのヘアカラーにおすすめ【パスカラー】

  5. 【七五三】7歳女の子

  6. 普通に結ぶよりも【オシャレに結ぶ】